最新情報

ベントキャップの施工方法をご紹介、ロープアクセスであれば単体での交換もおまかせ

2020年6月9日

東京都武蔵村山市 立川市を拠点とし、ロープアクセスを用いた改修工事、外壁打診調査を行う(株)triple‐yです。

 

弊社は主にビルやマンション、商業オフィスビルななどの高層建築物に対し年間450現場「外壁打診調査」を行っております。

 

本日ご紹介したい施工は、外壁打診調査…ではなく、神奈川県の4階建てマンションを対象に行った、ロープアクセスを用いた「ベントキャップ」の交換作業です。 

 

 

今回は、お客様から雨漏りのご相談を受けてより、どこに原因があるのか究明する所からが弊社の仕事です。

 

お客様にお話しを詳しくお伺いしたところ、頭を悩ませる雨漏りは”強風が伴った”場合に症状が見られるようです。

 

そこで弊社は雨漏りの原因をベントキャップと判断しました。

 

 

ベントキャップとは、外壁に設置された排気•給気の開口部に取り付けてある蓋のことを指します。上の画像に見覚えがある方も多いと思います。

 

一口にベントキャップと申しましても、実は施工された時期によって構造に少し違いが確認できます。上記写真はひと昔のベントキャップ。丸い形状をしており、開口部が横から見えていることが特徴です。

 

ベントキャップは開口部へ”虫”や”雨水”の侵入を防ぐことが目的なのですが、実はこの古いタイプのベントキャップは、強い風が横から吹いた場合、雨水が侵入する可能性を持っているのです。

 

お客様のマンションに設置された古いタイプのベントキャップには、「上からカバーをかける」「雨漏り防止機能が付いたものに交換する」などの処置を施すことで、雨漏りの原因をもとから断つことが可能です。

 

 

ベントキャップの交換自体は難しい施工ではありません。

 

実は、ベントキャップはシーリング材(簡単には緩衝の役割も果たす糊のようなもの)で止まっているだけの簡単な作りなのです。

 

上にも書いた通り、今回は既存のベントキャップを取り外し…

 

 

新しいベントキャップを取り付け、シーリングで周りを固めることで施工は完了します。

 

 

新しく取り付けられたベントキャップは換気の穴が上下についており、換気量を確実に確保するだけでなく、中に雨水の侵入を防ぐプレートが入っております。

 

外壁と色が似ているため見た目も非常によくなりました。

 

このように、施工自体はとても簡単なのですが、立ち返って考えたいのは、ベントキャップの設置箇所です。

 

四階の外壁となると、施工にあたる職人がどうその箇所に行くのか、が作業の規模を左右するのです。

 

たとえば、「足場」を組み立てて対処することも出来るのですが、

 

足場を用意するとなると交換作業を行う前後に”足場を組み立てる余分な作業”が発生してしまい、それだけ人件費も時間もかかってきてしまいます。

 

また、施工する対象は集合住宅であることも、今回のポイントです。

 

足場組み立て作業には騒音が伴いますので、居住者様に不快感を与えてしまう原因にもなります。もちろん作業中には敷地内のスペースを奪ってしまうことも避けられません

 

弊社の工法はロープアクセスです。

 

施工箇所に垂らしたロープをつたって作業を行うため、同じベントキャップ交換作業でも、居住者様に不快な思いをさせませんし、時間も短く費用も安く抑えることが可能になるのです。

 

 

 

ロープアクセスを用いた高所作業は、打診調査だけではありません。

 

今回のように、簡単な施工であるものの、高所であるために融通がきかない箇所への施工の時にも真価を発揮します。

 

お困りの事が有りましたらご相談ください。ロープアクセスで解決できることがあるかもしれません。

 

お客様のご都合に合わせて施工をご提案することをお約束させていただきます!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社triple-y
外壁リフォームは東京の「株式会社triple-y」にお任せください
【住所】〒176-0012 東京都練馬区豊玉北1-9-1フォレストハイツ206
【電話番号】03-6794-2370
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日・祝(相談次第で対応可能)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ニュース一覧に戻る

無料お見積もり・ご相談のご依頼はこちらから!

無料お見積もり・ご相談は
電話とメールから承っておます。

受付時間:8:00〜21:00