最新情報

東京都世田谷区コーキング工事は(株)triple-yにお任せください。

2022年9月30日

こんにちは(株)triple-yのFです。

今回は世田谷区にある3階建てマンションにてシーリング工事を行いました。

こちらが建物になります。

105200

ロープにより足場を立てずに作業を進めることで、シーリングは外観を損なわずに出来る事がメリットです。凹凸がないように、真っ直ぐと線を引くことで、見た目はより美しくプロの目線でシーリングを進めて行きます。

シーリングは、経年劣化と施工不良の劣化があり、経年劣化は防水性能がなくなります。

タイルとタイルの間にシッカリ接着していないと、劣化により漏水に繋がります。

株式会社triple-yは、安心と安全を第一に考え、作業の質は勿論。よりスピーディーに作業を進める事を重視しております。

本日の作業内容になりますと、一般的には4日程かかりますが、弊社はよりスピーディーに作業を進める為、2日でシーリングを終える様に業務を進めていきます。

1fbe0a9a-d10e-4596-980d-444ca7faa2d32c797757-adbf-4743-a140-682bba48e5e2

rimg0632

2液のシール工事も対応可能

 

1成分形・2成分形の違いはシーリング材が硬化するまでの過程やコスト面の違い程度、施工品質によるリスクは2成分形のほうが高くなりますが、基本的な性能はどちらも同じものになります。

2液のシール材料もロープアクセスで扱うことができますので、安心してご依頼ください。

こちらは、劣化したシーリング、コーキングの撤去作業の一部です。

株式会社triple-yにはお客様の理想を実現する高い技術力があります。

この技術力は、数多くの現場をこなしてきた上で培ってきたものとなっております。

2016年から労働安全衛生規則改正され法律に認められたロープ高所作業を当社はメインとしております。

多様化する建築物の外装はもちろん、特に構造物の実態調査や健全度診断などの調査業務、高所作業車などの重機や仮設足場を使用する場合と比べて、

ロープアクセス技術を用いることで工期の短縮やコスト縮減が可能になるケースが多いため格安で工事がおこなえます。

足場がかけられない箇所のシール工事にロープアクセスが活躍!

狭い、着地ができない、斜壁、タワーマンションの高層部など仮設足場が掛けられないような箇所でのシール工事は、ロープアクセが有効です。

シールの技能士も在籍しているので、工事の質もご安心ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社triple-y

外壁リフォームは東京の「株式会社triple-y」にお任せください
【住所】〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀1-102 3
【電話番号】042-520-8534
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日・祝(相談次第で対応可能)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社triple-y
外壁リフォームは東京の「株式会社triple-y」にお任せください
【住所】
-本社
〒208-0034東京都武蔵村山市残堀1-102-3
-営業所
〒190-0034東京都立川市西砂町5-55-15リッチモンドパーク108
【電話番号】042-520-8534
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日・祝(相談次第で対応可能)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ニュース一覧に戻る

無料お見積もり・ご相談のご依頼はこちらから!

無料お見積もり・ご相談は
電話とメールから承っておます。

受付時間:8:00〜21:00