最新情報

無足場工法について知ろう!!施工方法(株)triple-y

2023年3月25日

無足場工法は、建物や橋などの高所での作業に使用される工法の一種です。従来の足場を使用せず、鉄骨やワイヤーなどの金属部材を使用して、作業員が直接作業場所に固定される方法です。

無足場工法は、足場を組むための時間や費用を削減することができ、作業員が足場上での作業による事故のリスクを回避することができるため、高所作業の効率性や安全性を向上させることができます。しかし、作業員にとっては高所での作業に慣れていない場合には、不安や危険を感じることがあるため、適切なトレーニングや安全管理が必要です。

また、無足場工法には、固定部材を取り付けるための構造物による建物へのダメージや、周囲への騒音や振動の発生などの問題があります。そのため、使用する場合には、建物や周辺環境に配慮し、適切な許可や手続きを行うことが必要です。

無足場工法には以下のようなメリットがあります。

1足場を組む時間と費用を削減できる。 従来の足場を組む場合、足場を組む作業に時間と労力が必要で、また足場材料や賃借料などのコストがかかります。無足場工法を使うことで、足場を組む時間と費用を大幅に削減することができます。

2高所作業の効率性を向上できる。 足場を組まずに、直接作業場所に固定されるため、高所での作業の効率性が向上します。また、足場上での移動や作業をすることなく、作業員が安全かつ迅速に作業を進めることができます。

3作業員の安全性を向上できる。 足場を組む場合、足場上での作業による事故のリスクがあるため、無足場工法を使うことで、作業員の安全性を向上させることができます。

4作業場所に制限がない。 足場を組む場合、足場の高さや形状によって、作業場所に制限があります。無足場工法を使うことで、作業場所に制限がなく、あらゆる高所での作業が可能となります。

5環境への影響を減らせる。 足場を組む場合、足場材料の運搬や賃借料、撤去によって、周囲の環境に影響を与えることがあります。無足場工法を使うことで、足場による環境への影響を減らすことができます。

仮設足場代が掛からないため低コスト、短工期を実現

外壁の部分箇所、補修や工事には無足場工法をお勧め致します。

外壁に関してお困りの方は是非一度(株)triple-yにご連絡ください

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社triple-y

外壁リフォームは東京の「株式会社triple-y」にお任せください
【住所】〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀1-102 3
【電話番号】042-520-8534
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日・祝(相談次第で対応可能)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社triple-y
外壁リフォームは東京の「株式会社triple-y」にお任せください
【住所】
-本社
〒208-0034東京都武蔵村山市残堀1-102-3
-営業所
〒190-0034東京都立川市西砂町5-55-15リッチモンドパーク108
【電話番号】042-520-8534
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日・祝(相談次第で対応可能)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ニュース一覧に戻る

無料お見積もり・ご相談のご依頼はこちらから!

無料お見積もり・ご相談は
電話とメールから承っておます。

受付時間:8:00〜21:00