ブログ

東京都で外壁タイル打診調査は(株)triple‐yにお任せください!!

2017年10月28日

東京都武蔵村山市 立川市を拠点とし、ロープアクセスを用いた改修工事、外壁打診調査を行う(株)triple‐yです。

弊社は主にビルやマンション、商業オフィスビルななどの高層建築物に対し年間450現場「外壁打診調査」を行っております。

本日は外壁打診調査の概要から、ご依頼のキッカケや費用感までをご紹介していこうと思います。

   

そもそも外壁打診調査とは?

   

まず外壁打診調査の概要をご説明させていただきます。

外壁打診調査とは文字の通り、外壁を調査用の「打診棒」で叩いた時の反響音から、劣化の具合を確認する調査です。

   

外壁が建物の1階や2階であれば目視することで劣化を確認出来ますが、対象が高層建築物である場合は特別な技術・道具が必要になってきます。

  

詳しくは後述しますが高所で調査をするにあたっては弊社の得意とするロープアクセスの他、足場を組み立てる、ドローンを活用する方法なども存在します。

  

ご依頼されるキッカケは?

弊社にお持ちよせ頂く外壁打診調査のご依頼のキッカケは大きく2つに分けることが出来ます。

 

ひとつは定期的な点検を必要とされている場合。 集合住宅などの「特殊建築物」は建築基準法第12条によって2〜3年毎の「部分打診調査」、10年毎の「全面打診調査」が義務付けられているからです。

 

もうひとつは建築物に対してリフォームが検討されている場合です。 主に工務店さんから発注を受けることがほとんどですが間に建築コンサルの方が入り、施工不良の疑いがある物件に対し「法定調査」を行うケースもあります。

 

外壁打診調査の仕事は調査の正確性はもちろんのこと、依頼主に提出する報告書のクオリティにも真価が問われます。

 

それは同伴して一緒に劣化の具合を確認することが出来ないからです。 特にリフォームの場合であれば、工事の施主や建物のオーナーが報告書からでも上空の外壁の状態を把握できることが重要です。 経年劣化の箇所をしっかりと複数枚の写真に収め、あらゆる角度から状態を正確に報告することが外壁打診調査の肝でもあります。

  

外壁打診調査 はどのように進められる?

 外壁打診調査の進め方を大きく2つの工程からご説明します。

 

■お見積もりを出すまで

調査のご依頼を頂いたら弊社のスタッフが現地に赴き、現地調査を開始します。 ここでいう現地調査とは本番の外壁打診調査を安全に行うための調査、準備段階にあたります。 現地調査では対象箇所に向かうため「ロープをどのように張るか……」と言った調査計画や調査にあたる人数、お見積書までを算出します。

 

■調査当日

計画の通り、建物に垂らされたロープを伝って調査員が入念な調査をいたします。原則調査には2名以上のスタッフが調査に当たります。

確認できる経年劣化はタイルのひび割れやコーキングのひび割れ、タイルの”浮き”などを確認することができます。

 

外壁打診調査 費用感は?

外壁打診調査に用いられる「ロープアクセス」の足場工方はまだ歴史が浅く、対象の建築物の大きさや面積にもよっても料金が異なるので、費用感がイマイチ掴みづらいと思います。

そこで、今度は他の調査方法と比較しながら費用感をお伝えしていきます。

 

ロープアクセスでの外壁打診調査は

・ 簡易的なもので ㎡300円~

・詳細な報告書を作成する場合 ㎡700円~ になります。

  

最近では、ドローンを使用、外壁調査に赤外線を用いることもございます。ドローンを用いた場合に費用は

・㎡400円~

が相場です。

しかしドローンは天候や気温によって調査にバラ付きがあり、精度はあまり高くありません。赤外線はタイルに起こる全ての劣化を確認できないこともデメリットでしょう。

 

一方、ロープアクセスを用いる外壁打診調査も全ての現場で行えるわけではないので注意が必要です。

現場によっては、調査員が地面に降りれる場所が確保できない場合もございますし、また、隣との敷地との間が狭すぎるなど、調査が行えない建物もあるのです。

 

特に東京は建物が密集していることも多いので、そこは現場によってケースバイケースです。

調査をご希望される場合は、まずご連絡をいただいてから、一緒に現地を調査することが一番早いように思います。

 

お客様に寄り添った外壁打診調査のご提案をさせていただきます。

本日はロープアクセスを用いた外壁打診調査の概要から費用感までをお伝えして来ました。

 

上で大まかに『㎡300円~ 』 とお伝えしましたが、複数物件のご依頼の場合、規模やご要望などを鑑みた上でお値段はご相談、安い金額を提示できることもございます。

 

高層建造物の外壁は普段目にしない分、あまり気を回す機会は多いものではありません。しかし、劣化した外壁のタイルが剥落(剥離、落下)してしまい、たまたま通行人を傷つけてしまったら……後の祭りです。

先にも申しました通り、定期的なメンテナンス調査を行うことは建物オーナー様の義務でもあります。

 

どこかのタイミングで調査をしなければならないのであれば、実績を持つ弊社にお任せしていただけないでしょうか。

外壁タイル打診調査に限らず、外壁修繕、高所作業など、どんなことでも (株)triple-y にお話しをお持ちよせください。

どの会社よりもお客様目線にたち、プロの経験から最善策をご提案させていただきます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社triple-y
外壁リフォームは東京の「株式会社triple-y」にお任せください
【住所】〒176-0012 東京都練馬区豊玉北1-9-1フォレストハイツ206
【電話番号】03-6794-2370
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日・祝(相談次第で対応可能)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログ一覧に戻る

無料お見積もり・ご相談のご依頼はこちらから!

無料お見積もり・ご相談は
電話とメールから承っておます。

受付時間:8:00〜21:00