ブログ

シーリング工事

2020年5月22日

今回は東京都、大東区近辺で漏水している建物のシーリング修繕工事を行いました。
シーリング工事とは、外壁に入ったひび割れや外壁材同士の隙間、窓枠や水回りの縁などに
シーリング材を注入する工事のことです。
シーリング材は、柔軟性があるので外壁材同士の間にあることで クッション替わりになり、
ひび割れや隙間ができるのを防止してくれます。
また、サッシ周りなどに施されているシーリングは雨水の侵入を防いでくれています。
シーリング材の一般的な耐久年数は5~10年程だといわれています。
今回はシーリング材の劣化により○○(原因)○○が発生した為、修繕工事を行わさせて頂きました。
工事の内容としましては、まず既存の劣化したシーリング材の撤去から始まります。

撤去が完了後、新設するシーリング材の幅と周りを汚さない為、
マスキングテープを使い養生をします。

テープ貼り付け後はプライマーという接着剤を塗り新設するシーリング材との接着性を高めます。

接着材を塗り終えたらシーリング材の注入を行います。

注入後にヘラを使い成型をしていきます。

成型が完了したらテープ養生を剥がして施工完了となります。

triple-yでは足場を使わない無足場工法(ロープアクセス)を採用しています。
足場を設置できないような狭い箇所や高所などの施工も可能です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社triple-y
外壁リフォームは東京の「株式会社triple-y」にお任せください
【住所】〒176-0012 東京都練馬区豊玉北1-9-1フォレストハイツ206
【電話番号】03-6794-2370
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日・祝(相談次第で対応可能)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログ一覧に戻る

無料お見積もり・ご相談のご依頼はこちらから!

無料お見積もり・ご相談は
電話とメールから承っておます。

受付時間:AM8:00〜PM5:00
 休日:土・日・祝

042-506-8411

メール