最新情報

ロープアクセスによる外壁塗装が 東京でこそオススメな理由を実績とともにご紹介

2021年5月12日

平成20年に建築基準法第12条の改正によって、いわゆる外壁の全面打診調査が義務付けられました。定期点検や大規模修繕には莫大なコストがかかってしまいます。
そのため、建物修繕費の積立で予算内に治るのかどうかということは、ビル・マンションのオーナーさんにとっては頭が痛い問題になってきます。
 
しかし、コストを抑えることにより安全性が確保されなくなってしまっては元も子もありません。ですので、安全性は担保しつついかにコストを抑える稼働かが喫緊の課題になってきます。
 
そこで注目されているのが、ロープアクセスという工法です。この工法は足場を組まずに外壁の点検から修繕までも行うことができます。今回はロープアクセスの可能性とその安全性についてお伝えしていこうと思います。
 

ロープアクセスとは?


 
ロープアクセスは別名無足場工法とも言い、その名の通り仮設の足場を設置せず屋上から特殊なロープで固定され吊り下がりながら行う工事のことです。
足場を組むことができない環境であっても、人が入ることができるスペースさえあれば工事を行うことができます。また、足場を組む期間が必要ないため作業を始めるまでの時間を短縮でき、ロープで固定され吊り下げられているだけなので、身軽に移動することができ作業自体のスピードも上げることができます。
 

ロープアクセスは安全なの?

ロープアクセスが生まれる以前にも似たようなブランコという工法は存在しました。ブランコは安全基準に則した産業用の工具を使っていたわけではなく、山岳レジャー用の道具や工事専用の道具ではないものも使用するなどといった安全性に疑問がもたれていました。そのため、元請会社さんにとっても安全性に不安が残り、多くの外壁調査や修繕ではあまり使用されてきませんでした。
 
一方ロープアクセスは、ISO22846に準拠した欧州の産業ロープアクセスを使用しており、さらに工事を行う上で厳格な基準を設け安全性をアピールし、欧州では以前より安全性の高い工法として認識されていました。日本でも20年ほど前からロープアクセスが広まり始め、ようやくその安全性が認められてきて、公共工事でも採用されるようになってきました。
 

ロープアクセス

産業用ロープを使用するため安全性の高い工法


 

ロープアクセスの圧倒的コストメリット

ロープアクセスは、足場をかける必要がないので圧倒的なコストメリットがあります。
一般的な工法では、マンションの規模感にもよりますが、仮設足場代だけで数百万〜数千万円以上かかります。この足場代こそがオーナーさんの予算感を圧迫していました。
しかし、ロープアクセスは初日のロープ設置代で2万5千円〜4万円ほどかかりますが、その後にかかる費用は、職人さんの作業費用のみなので、圧倒的にコストを抑えることができます。費用を安く抑えられるとともに、即修繕工事に入ることができるため、工期を短縮できることにもつながります。
 

仮設足場代が掛からないため低コスト、短工期を実現


 
一度ロープアクセスをご依頼いただいたオーナー様、元請会社様のリピート率の高さから見てわかる通り、それほどロープアクセスの魅力は高いのです。
 

東京こそロープアクセスの強みが発揮される理由

ロープアクセスを使用した工事の依頼は特に都内が多くなっています。理由としては、足場を設置するのが困難で高所作業車なども入ることができない現場が多いことが挙げられます。例えば、隣接するビル・マンションとの幅が狭く足場を設置できないケースなどです。そのようなケースでも、ロープアクセスであれば人が入ることができるスペースさえあれば、隙間に人が入り込んで作業を行うことが可能です。
 
また、路線に面していて足場を組めないなどのケースで、ロープアクセスをご依頼いただいたことも過去にありました。
屋上からロープを垂らして人が入ることができるスペースがあれば作業できるということがロープアクセスの魅力です。
なので、ビル同士が密集している東京こそがロープアクセスの強みが活かせる場所であると言えます。
 

東京でのマンション外壁塗装をロープアクセスで行った事例

東京・江戸川区のマンションで塗装工事を行いました。
全体的に経年劣化が激しく、補修作業も加えて行いました。
 
%e5%86%99%e7%9c%9f-2021-05-06-9-42-271
 
%e5%86%99%e7%9c%9f-2021-05-06-9-45-041
 
外壁の素材はサイディングでチョーキング(白亜化現象)が起こっていたので高圧洗浄をしっかり行いました。
サイディングとサイディングの繋ぎ目の目地にコーキングを打ち込んでから外壁の下塗り・中塗り・上塗りを行いました。
この工程をしっかり行う事で外壁に塗膜が付き耐久が上がります。
 
%e5%86%99%e7%9c%9f-2021-05-08-14-34-491
 
一層一層丁寧に塗り、塗膜をしっかりつけるには塗料のムラを均すことも大切です。
ローラーで塗布する場合は、縦や横にローラーを転がして塗料を均等に分配して仕上げます。
細かな場所やローラーが使えない所は刷毛を使い塗料を塗布します。
 
%e5%86%99%e7%9c%9f-2021-05-08-14-35-111
 
ここまでの作業が終わりすべて塗り終わったら養生をばらし清掃を行えば完了です。
この際に塗り残しが無いか再度確認することも必要です。
 
%e5%86%99%e7%9c%9f-2021-05-08-14-35-211
 

トリプルワイは抜群の機動力と柔軟性を持つロープアクセスのプロフェッショナル集団です

トリプルワイは自社でロープアクセス職人を多数抱えているため、急なご要望にも対応できます。
 
外壁の全面補修以外にも
「タイルが剥落しそうなので緊急で補修してほしい」
「コンクリートが一部爆裂しているので見てほしい」
など足場を必要としないロープアクセスは即日工事することができるのでご相談ください。
今回は足場にて施工を行いました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社triple-y
外壁リフォームは東京の「株式会社triple-y」にお任せください
【住所】
-本社
〒208-0034東京都武蔵村山市残堀1-102-3
-営業所
〒190-0034東京都立川市西砂町5-55-15リッチモンドパーク108
【電話番号】042-520-8534
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日・祝(相談次第で対応可能)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ニュース一覧に戻る

無料お見積もり・ご相談のご依頼はこちらから!

無料お見積もり・ご相談は
電話とメールから承っておます。

受付時間:8:00〜21:00